ワーキングホワイトニング

ワーキングホワイトニングは、失活歯(神経をとった歯)の変色を改善する治療法です。
歯の中に、過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウムの混合物をつめることにより歯の内面より脱色する治療法です。
歯の根の治療した中に、漂白剤を1週間位投薬する事により歯を白くする事が出来ます。