東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

SPT(Supportive Periodontal Therapy)

SPTは、歯周病治療後の再発防止と、再発が起こってしまった場合に早い段階での

適切な処置ができるための、連続的なモニタリングと予防処置です。

歯周病のリスクが中程度から高いレベルの患者さんが対象になります。

治療期間は、年に数回おいでいただき

史歯科医院では健診とメインテナンス処置(PMTC、歯石除去等)、清掃指導、フッ素塗布等を
衛生士が中心に行ないます。

歯周病は、症状が出にくい病気で、腫れたり出血歯の動揺等の症状が出たときには取り返しがつかないところまで進行していることがあります。
日ごろのセルフケアも大切ですが、専門家によるメインテナンスも大切な予防です。






SPTの処置

① 口腔内の検査
 
歯肉の状態を検査し異常がないか調べます。

② 歯磨きの指導
   
 歯磨きは、虫歯を予防する上で一番大切で一番効果的な予防方法です。
 歯ブラシで、細菌の住処であるプラークを機械的に落とすことはとても大切なことです。
 そのために、毎日毎食後歯磨きをすることが理想的です。
 しかし、ただ漠然と磨いていても正しい磨き方をおこなわないと
 プラークが確実に落とせません。
 「磨いていること」と「磨けていること」とは決してイコールではありません。
 そのためにも、予防のプロの歯科衛生士による指導を受けて
 正しい磨き方を覚えることは大切です。

③ 歯石除去
  定期的に歯石がついていないか確認し、もしつき始めたらなるべく
  早期に除去してもらいましょう。

 PMTC   
  予防のプロである歯科衛生士に、歯の表面をつるつるにしてもらい
  プラークをつき難いようにしてもらいましょう


史歯科