東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

歯周病の考え

多くの人が罹患している成人型歯周病は長くかかって発症する病気です。
臨床的には通常、20歳前半ぐらいから発症しますが、初期の場合自覚症状がほとんどなく、
また「歯肉から出血する」「口がねばねばする」等の痛みを伴わない軽微な症状のため,
見逃していたり気にしていても歯科医院に通院されることが少ないのが現状です。
そのため、「歯が動く」「歯肉が腫れた」「かむと痛い」等の症状が出てから来院されることが多いのですが、
これらの症状がでた時は「中期」「後期」の状態で元の歯肉の状態に回復させるのは困難です。
また、歯周病は一度罹患すると、継続的な診察・検査や歯石除去やPMTCなどの定期的な管理治療が必要な「慢性疾患」の面があります。
当医院では、歯周病の治療はできる限り早く定期的な管理に入っていただき、
年齢を重ねても歯肉の健康を維持していただきたいと考えています。


歯周病の治療

日本人が歯を失う最大の原因が歯周病です。
歯周病菌が歯茎に炎症を起こして腫れ、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
それが深くなっていくと歯の土台となっている骨が溶かされてて、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の分類歯周病は歯肉炎と歯周炎に分けられます。
  歯肉炎・・・歯の表面に付着したプラーク中の細菌が原因でおこる
         歯肉に限局した病気です。
  歯周炎・・・歯周病菌が原因で起き、歯肉のみならず歯を支えている
         骨等に炎症が広がり破壊されます。
         その為、歯が動揺し最終的には抜けてしまいます。

歯周炎の原因

 歯周病の原因は、歯周病菌が原因の感染症ですが、歯周病菌は歯に付着したプラークの中にいます。ただ、それのみが原因ではなく、「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」「免疫機能」などのほかの要因も複合的に関与して歯周病の発症と進行をもたらしているのです。

歯周病の治療



歯周病の治療は、歯科医師・歯科衛生士と患者さんの二人三脚でなければ治療が成功しません。
治療は長期にわたることもありますが、根気よく治療することが大切です。

歯周病の治療=お家でのセルフケア+歯科医院でのプロフェッショナルトリートメント、ケア

①歯周病の検査

 歯肉の検査・・・・ポケット測定・出血や排膿の有無・歯の動揺
 レントゲン検査
 口腔内写真撮影
 細菌検査
 潜血検査

ブラッシング指導・生活指導等     


ブラッシングは、セルフケアとしてとても大事なことです。
正しい磨き方できちんと磨けるようにすることは治療の第一歩です。

また、ストレスや食生活、喫煙等の改善を指導します。




③歯石除去(スケーリング)


歯についている歯周病の原因であるプラークや歯石、付着物を除去して、
歯をきれいにします。



④キュレテージ・ルートプレーニング


歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し
歯根面を硬く滑沢な面に仕上げることをいいます。




⑤歯周外科  


ブラッシング指導に従ったホームケアと、スケーリングやルートプレーニングなどの処置を行っても、歯周病の症状に改善が見られないケースでは、外科的な処置(歯周外科)で歯周ポケット等を改善し歯周病を改善します。


⑥メインテナンス

患者さんと共に歯周病治療の積極的治療後に定期的な検診とメインテナンス
をおこなうことで、歯肉がよい状態が保てるようにしていきます。




PMTC  定期的に歯科医師・歯科衛生士が機械を用いて歯の表面を清掃します。  

SPT    治療の終了後も日常の適切なブラッシングを行うと同時に
         歯科医院での定期的な歯垢や歯石の除去などを行い、
         歯科医療従事者と患者の双方で歯周病などの再発を予防していきます。  
薬物療法 3DSシステムを利用し、消毒薬や抗菌剤等で歯周病菌を破壊する。

⑦咬合調整・動揺固定
歯周病を増悪させるか見合わせの異常を改善するとともに、
動いている歯の安静を保つため動いている歯を固定して動かないようにします。

内科的歯周病治療
歯周病原因菌を抗菌性薬物の内服により口腔内から除菌する治療法