東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

白い歯


史歯科医院では、審美的に優れている
オールセラミッククラウンをお勧めしております。
オールセラミッククラウンは、金属を使わないため
色調や透明感が天然歯に近づけるとともに、
金属アレルギーの方でも安心してお口に装着することができます。






差し歯の治療でも前歯から犬歯までは保険でも天然の歯と同じような色で治療できます。
保険で治療するのと自費で治療する時の違いは何でしょうか。

種類 できる部位 色調再現性 耐変色性 強度 生体安定性 金属アレルギー 価格
硬質レジン前装冠 前歯・犬歯のみ
保険可
× 保険可
硬質レジンジャケット冠 前歯・犬歯・
小臼歯可
(*1)
× 保険可
ハイブリッドセラミック
前装冠
すべての歯可(*2) △(*3) 保険不可
ハイブリッドセラミック
ジャケット冠
すべての歯可(*2) 保険不可
メタルボンド冠 すべての歯可 × 保険不可
オールセラミック冠 すべての歯可 保険不可
                                   (*1)小臼歯の場合は、咬合圧が加わらない場合のみ可
 (*2)場合によっては、大臼歯不可
                     (*3)金属にチタンを使用することにより金属アレルギーを抑えることができます



保険の被せ物(硬質レジン)
保険の白い被せ物は、硬質レジンというプラスチックのような材料で作製するので、
強度や色調の安定性は保険外の材料より劣ります。
そのため、長期間の使用で破損や変色を起こしやすくなります。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックは、硬質レジンにセラミックの粉を入れることにより強度と耐久性を持たせたものです。
色調と歯特有の透明性はセラミックより劣ります。
メタルボンド
金属のフレームにセラミックを焼き付けて作製する冠です。
経時的な色調変化は無く、強度も歯とほぼ同程度あります。
オールセラミック冠
金属を使用せず作るセラミックの冠で、金属アレルギーを起こしません。
強度は、セラミックなので強く色調の変化も起こさず、細かい再現性を与えることができます。


当医院で行っている白い差し歯や詰め物。

   白い差し歯  白い詰め物や特殊な治療
 保険診療    硬質レジン前装冠  レジン充填
 高強度硬質レジンジャケット冠  
 保険外診療        ハイブリッドセラミックジャケット冠  ハイブリッドセラミックインレー
 ハイブリッドセラミック前装冠  セラミックインレー
 陶材焼付け冠(メタルボンド)  ラミネートベニアクラウン
 AGCガルバニッククラウン  ボンディング法
 ジルコニアクラウン  
 その他セラミッククラウン  










史歯科