東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

虫歯予防について

虫歯を予防するには、患者さんご自身の予防と歯科医院での予防の両輪が必要です。
史歯科医院では、患者さん自身のセルフケア、歯科医院でのクリニックケアを
予防の専門家である歯科衛生士が、丁寧に指導・処置をおこなっています。
史歯科医院でのむし歯予防の実際
1、歯磨き指導    
個人ごとに歯並びや口の大きさは異なるので、歯磨きの方法も一人づつ異なります。自分にあった磨き方を習うことが、毎日きちんと磨けるための早道です。
2、PMTC  
PMTC(Profetional Mechanical Tooth Cleaning)の略です。
「専門家による機械的歯面清掃」と訳します。
歯科医師や衛生士のように特別な訓練を受けた専門家が、器械とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上、歯肉縁下1〜3mmの多くの細菌が存在しているプラークを機械的に除去する方法です。

毎日の歯磨きで除去する事も大切ですが粘着性の高いプラークの場合、歯磨きのみでは除去が難しい事もあります。
定期的にそれらを除去することにより、虫歯や歯周炎を予防することが出来ます。

3、フッ化物の使用   
フッ化物の使用は虫歯予防の上で非常に効果的な方法です。
史歯科医院では、低年齢のお子さんから大人の方までフッ素の定期的塗布を
おこなっています。また家庭でのフッ化物の使用についての相談や指導をおこなっています。


4、高濃度フッ化物の局所塗布   
Duraphatとホワイトバーニッシュという5%のフッ化ナトリウムの薬を使用し、
Coみたいな初期の虫歯や奥歯の溝の中などに塗布し,長時間塗布した部分にとどめることで、
初期の虫歯に対し効果的にフッ化物の供給をすることができ、初期の虫歯の進行を止めることができます。
乳幼児でカリエスリスクの高い子供に対しては、年2回のカウンセリングと塗布で虫歯予防に有意の差が出るといわれており、またスウェーデンではカリエスリスクの高い学童期の子供には、Duraphatの定期的な塗布が行われています。

5、 3DS療法   
3DSとはDental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称です。
3DSという方法は,安全かつ確実にむし歯の菌だけを取り除き、お口の中の環境をむし歯になりにくくする予防法です。3DSでは、完全にバイオフィルム(プラーク)を除去した後、歯列にフィットしたトレーを用いて薬を一 定時間(5分間)歯面にのみ塗布します。歯科医院でおこなった後家庭でも1日1〜2回、2週間おこないます。
(4〜6ヶ月効果が持続するといわれています)


6、シーラント
むし歯になる前の奥歯の溝、またはきわめて初期の虫歯になった奥歯の溝を
フッ素を放出する薬剤で埋めてしまう方法で、虫歯のリスクが高く、歯の溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。
7、食生活指導
むし歯は、歯磨きだけで予防できません。過度の間食や等質の入っている飲料製品の摂取なども大きな要因になります。家庭での、食生活状態をお聞きし、指導し改善を図ります。
また、むし歯予防に効果のあるキシリトールやリカルデントを積極的にご利用いただいています。


歯周病予防法

SPT(Supportive Periodontal Therapy)


SPT
は、歯周病治療後の再発防止と、再発が起こってしまった場合に早い段階での

適切な処置ができるための、連続的なモニタリングと予防処置です。

歯周病のリスクが中程度から高いレベルの患者さんが対象になります。

治療期間は、年に数回おいでいただき

史歯科医院では健診とメインテナンス処置(PMTC、歯石除去等)、清掃指導、フッ素塗布等を衛生士が中心に行ないます。

歯周病は、症状が出にくい病気で、腫れたり出血歯の動揺等の症状が出たときには取り返しがつかないところまで進行していることがあります。


日ごろのセルフケアも大切ですが、専門家によるメインテナンスも大切な予防です。

SPTの処置
@ 口腔内の検査
 
歯肉の状態を検査し異常がないか調べます。

A 歯磨きの指導
   
 歯磨きは、虫歯を予防する上で一番大切で一番効果的な予防方法です。
 歯ブラシで、細菌の住処であるプラークを機械的に落とすことはとても大切なことです。
 そのために、毎日毎食後歯磨きをすることが理想的です。
 しかし、ただ漠然と磨いていても正しい磨き方をおこなわないとプラークが確実に落とせません。
 「磨いていること」と「磨けていること」とは決してイコールではありません。
 そのためにも、予防のプロの歯科衛生士による指導を受けて正しい磨き方を覚えることは大切です。

B 歯石除去
  定期的に歯石がついていないか確認し、もしつき始めたらなるべく早期に除去してもらいましょう。

C PMTC   
  予防のプロである歯科衛生士に、歯の表面をつるつるにしてもらい
  プラークをつき難いようにしてもらいましょう

史歯科医院