東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

内科的歯周病治療

歯周病は、お口の中のグラム陰性嫌気性桿菌が原因関連菌といわれています。
そのため、歯周病治療は原因となる細菌のすみかのプラークの除去や歯石の除去など
プラークコントロールが治療の基本となります。
プラークコントロールの方法
機械的プラークコントロール・・・・セルフケア→歯みがき・洗口等
                   プロケア→歯石除去・ルートプレーニング・PMTC
化学的プラークコントロール・・・・3DS・各種薬用歯みがき粉や洗口剤の使用


初期~中期の歯周病のほとんどは、この基本的治療で改善しますが
重度の歯周病や特殊の歯周病に対しては、抗菌性薬物の経口投与を併用して治療することにより
治療の効果をあげることができます。
このような抗菌性物質の併用療法を内科的歯周病治療といいます。

内科的歯周病治療の流れ



史歯科