東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

むし歯や歯周病治療の考えかた

歯科医院でおこなう治療の大半は、「虫歯」と
「歯周病」です。
これらの疾患は口の中の細菌が原因で起こす感染症です。
また、歯磨きや食生活、ストレス、唾液の状態等の
生活習慣に影響される「生活習慣病」の面もあります。
従って、これらの病気を治すということは原因となる
細菌をいかにコントロールし、生活習慣を改善するかということになります。
虫歯の治療は「歯を削る」「穴をふさぐ」「抜歯する」「咬む機能を回復する」等と思われますが、
これは虫歯によって起きた不具合の回復であり、体でいえば義手や義足を入れることと同じです。
従って、本来の自分の歯とまったく同じ状態に回復することは不可能です。
そのため「感染症」の面から考えると、根本的な原因である虫歯原因菌をコントロールし、
自分の歯をできる限り削ることなく維持していくことが大切です。
本来、口の中の環境に一番適しているのは自分の歯です。それでさえ虫歯という病気になるのは、
日々の生活の中でいかに口の中の環境が崩れてしまっているか考えてみる必要があります。
「生活習慣病」の点から考えると、原因と思われる生活上のリスクを改善することが本来の治療であると思っています。


当医院では、口の中の環境を改善し原因となる虫歯原因菌をコントロールし、
必要不可欠の部分の歯の削除にとどめできる限り自分の歯を残すことが大切だと考えています。

史歯科医院の初期虫歯の治療

初期のむし歯を治すのにはには、処置と管理が必要です。
今そこにある歯がすぐに治療するべきものなのか、
予防処置によって再石灰化が期待できる管理対象のものなのかということです。

進行性の初期むし歯がある場合

必要最小限のむし歯歯質を削り健康歯質を残し予防管理に移行します。
例)
・隣接面(歯の間)に限局した小さなむし歯
・う窩(むし歯によってできた穴)も確認でき、進行性である    
・臼歯(奥歯)隣接面でみがき残しをしやすい場所である


治療例)切削は最小限にとどめ、
罹患歯質(むし歯になった部分)だけを除去する
接着性の材料を用いることにより、最小限の形成が可能です

その後、定期診査によって修復後の経過を観察し
予防的な処置を定期的におこなっていきます。


(関連治療法)

Co(初期むし歯)の治療
ART法
Duraphatによる再石灰化療法
カリソルブ

管理対象のむし歯
う窩(むし歯によってできた穴)ができていない初期のむし歯(Co)、進行性の停止したむし歯や処置の完了した歯 などは、おのずと“処置”より“管理”中心のプログラムになってきます。
定期診査→正確な診断→予防的処置→定期診査…といった
理想的なサイクルが確立されるまで、その時々に応じた適切な処置が重要となるのです。
虫歯の予防はこちら