東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

歯科検診について

史歯科医院では診療終了後、定期健診を推奨しております。

当医院では、
歯とお口の健康をつくるために、歯医者さんでは歯科健診や歯科相談を行っています。また、むし歯や歯周病予防のための治療を行っています。




史歯科医院での定期検診の内容

@むし歯のチェック

むし歯は、歯の咬む面やつけ根、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。
一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たなむし歯ができることもあります。
定期的な検査をすることで、むし歯をチェックしてもらいましょう。

A歯ぐきのチェック

歯のまわりのポケット(歯周ポケット)を調べ歯周病の状態をチェックします。
歯周ポケットの深さはどのくらいか、歯肉が健康かどうか調べてみましょう。

Bブラッシング指導

プラーク(歯垢)は虫歯や歯周病のもっとも大きな原因です。
セルフケアでプラークがきちんと取れることが、お口の健康の第一歩です。
あなたに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を、歯科衛生士さんに教わりましょう。

Cかみ合わせのチェック

物を噛む上でかみ合わせはとても大切です。
無理な力が歯に加わると歯を支える組織をいためたり、顎関節に悪い影響を与えることがあります。かみ合わせは、年齢ととも変化していきます。
定期的にかみ合わせのチェックを受けるようにしましょう。

D歯垢を取る

歯ブラシで取り残したり、取りきれなかった歯垢は、むし歯や歯周病の大きな原因となります。
できるだけ早く歯科衛生士さんに機械的に歯垢をとってもらいましょう。(PMTC)

E歯石をとる

歯石は歯周病を引き起こす原因の一つとなります。
自分でとることは困難ですので、定期的に歯科衛生士さんに歯石をとってもらいましょう。

F歯科相談

むし歯や歯周病についての悩み事以外でも、お口の事の相談をおこなっています。
どんな些細なことでも、ご相談ください。

G義歯や冠などの補綴物のチェック

定期的にお口の中に入れた義歯や冠、ブリッジ等の検査をしてもらいましょう。


史歯科医院の各種検査

史歯科医院では、治療上必要な場合各種の検査をお勧めする場合があります。
これは、検査をおこなうことで、治療の確実性を高めることができるからです。


史歯科医院でおこなう各種検査
1、むし歯リスク検査
☆ RDテスト

RDテストは、虫歯菌の数を調べるテストです。15分程度で口の中の衛生状態が判ります。
むし歯リスク検査
虫歯のリスク検査は、現在の口の中の状態を調べ自分自身にあった虫歯の予防法を選択するために必要な検査です
当医院では、歯科医院内で30分ほどで結果のでる検査法とより詳しく検査するために臨床検査へ発注する方法とおこなっています。

☆プラーク検査
プラークにもむし歯になりやすいプラークと なりにくいプラークがあります。この検査は、歯のプラークを染め出すとともにプラークを採取しむし歯予防に役立てます。
2、歯周病検査
歯周病は、気がつかないうちに進行している場合がほとんどで、自覚症状が出たときには大きく進行している場合がほとんどです。
検査をおこなうことでご自身の歯周病の状態を知ることができます
☆歯周病潜血検査
唾液や洗口吐出液中の潜血を検出することによって、
歯周病に見られる出血の反応を簡単に診断します。
歯周病のスクリーニングや初期段階の診断を簡便、迅速に行う検査です。

☆歯周病リスク検査

歯を失う原因の大半を占めているのはむし歯と歯周病です。
むし歯は痛みにより自覚できますが、歯周病は知らず知らずのうちに進行し、重症になるまで自覚できません。
歯周病には細菌が大きく関係しており、細菌(歯周病原菌)が発見されればすでに歯周病にかかっているか、いつ歯周病になってもおかしくない状態です。
当医院では、歯周病原菌の有無を検査するシステムを導入しています。
短時間で、また痛みもありません。ぜひ検査をお勧めいたします。

  ☆口臭検査  
 
さわやかな息で人との距離を気にせずに、おしゃべりしたり笑ったりする。
 私たちは、そんな楽しい生活が出来るようお手伝いします。
 史歯科医院では、オーラルクロマという機器を用いています。
 この口臭測定器の特徴は、口腔ガス内の口臭の有無の判定と、
 その主要な口臭成分を科学的に分析測定いたします。
 小型でありなが ら、大学病院等にしか設置されてない、
 大型のガスクロマトグラフィーと同等の性能を有しております。
 お口のニオイについて気になったり、お知りになりたいことがございましたら、
 お気軽にご相談ください。

  ☆口腔乾燥症検査
 唾液が出なくてお口が乾いていると、むし歯や歯周病を進行させたり
 痛み等で就寝や食事がつらいものとなってしまいます。
 お口がこのごろ乾くかな?と思われる方は、検査することをお勧めします。