東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

ジルコニアクラウン

☆ ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウンは、金属の代わりに、ジルコニアを使用たものです。
ジルコニアは非常に硬いセラミックで、耐久性に優れています。また、医療分 野においては、人工股関節などにも使用され、安全性も証明されています。すでに欧米ではジルコニアによるオールセラミックが主流の治療となっています。
金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯に使用することも可能です。強度もあり、ブリッジでも行うことができます。

当医院では用途により以下のジルコニア製品を使用しています。

ジルコニアセラミッククラウンの特徴

安全性 金属を使用した歯科技工物の場合、体質によっては金属成分に反応してアレルギーを発症してしまう場合があります。ジルコニアは生体親和性が高く、アレルギーの心配がありません。
強度 従来は、セラミック製の歯科技工物の強度を高めるために金属を裏打ちしていました(メタルボンド)。しかし、ジルコニアは金属を使用することなく高い強度を実現。とても耐久性に優れています。
審美性 光の透過性に優れ、天然歯同様の白さを再現できます。ジルコニアでは年月が経過すると歯や歯ぐきの根元が黒く変色するという心配はありません。


プロセラジルコニアクラウン(Nobel Biocare社)
 プロセラジルコニアのフレームです。
 この上にセラミックを焼き付けます。





LAVAジルコニア(3M社)
セルコンジルコニア(DensplySankin社)

KAVOエベレストジルコニア(KAVO社)








史歯科