東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

保険の総義歯について

保険の義歯は、通常レジンという材料で製作されます。

保険で出来るため通常最も多く作られている義歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する温度伝導が鈍く、また強度を保つため床自体を厚くしたり、大きめに作ったりしなければならない材質的な難点があります。






通常のレジン床義歯は、液と粉を混和して熱重合して義歯を作りますので
重合で固まるときに多少寸法変形を起こします。
そのため、当医院では寸法変化を最小限に抑えるために、
アクリジェット義歯(保険適応)を開始いたしました。
詳細はアクリジェット義歯の項目をご覧ください。

また、より精密に作製するレジン床義歯として、保険外義歯として
  SRイボカップ(加熱加圧精密重合レジン)
  パラジェット義歯
  もお勧めしております。
  










史歯科