東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

フッ化物による虫歯予防

史歯科医院では、総合的な虫歯予防のために
歯科衛生士によるフッ素の塗布を
定期的にをおこないます。
ただ、フッ素の塗布のみで虫歯が予防できるわけではなく、
「歯口清掃」や「食生活の管理」など正しい虫歯予防の知識が必要となります。
そのため、歯科医師や歯科衛生士による指導を受けることが大切です。





各種フッ化物の利用法
@フッ化物塗布
フッ素塗布は、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。
十分な効果を得るためには、歯科医院で年3〜4回塗布を行う必要があります。
Aフッ化物洗口法
毎日法(週5回法)と週1回法があります。比較的低濃度のフッ素溶液(0.05%NaF)を少量(5〜10cc)口に含みブクブクうがいを30秒間する方法で、家庭で手軽にでき、毎日欠かさず行うことによって高い予防効果が期待できます。
歯科医院でおこないますので低年齢のお子さんから大人まで行うことができます。
フッ素洗口の時間帯としては夜、歯をみがいた後に行いましょう。洗口の後はうがいとかせずにそのまま就寝してください。
ぶくぶくうがいを上手にでき、無理なく習慣がつくためには5歳以上の お子さんのほか、
歯根の露出している大人の方にもお勧めしています。



 Bフッ化物スプレー法
 ブクブクうがいができない低年齢児のためにスプレー式のものです。夜、 歯を磨いた後に歯ブラシにスプレーをして歯の全体に塗るようにする物で、直接歯に吹き付ける方法もあります。フッ 素洗口法と同じ様な効果が得られます。塗布の後はうがいとかせずにそのまま就寝してください。無味無臭です。一本で2ヶ月ほど使用できます。


Cフッ化物ジェル

家庭でおこなうフッ素塗布剤で、0.4%フッ化第一スズを主成分としたジェルです。1日1回、夜の歯みがきの後にほんの少量米粒大程度を歯ブラシにとり1分間ほど塗布することにより、むし歯の予防効果が期待できます。一本で4〜6ヶ月ほど使用できます。また、歯磨き粉としても使用できます。












史歯科