東京都日野市南平3-16-4   042-593-7949

高濃度フッ化物塗布法

Duraphatによる再石灰化療法


Duraphat(デュラファット)とホワイトバーニッシュは5%のフッ化ナトリウムの薬です。
これは、歯の表面のフッ化物の吸着度が非常に高いため、
Coみたいな初期の虫歯や奥歯の溝の中などに塗布すると,長時間塗布した部分にとどまることができます。
このため、初期の虫歯に対し効果的にフッ化物の供給をすることができ、初期の虫歯の進行を止めることができます。
カリエスリスクの高いお子さんは、小児に年4回行うことを推奨いたします。

現在、サホライトという進行止めの薬もありますが
歯が虫歯部分が虫歯部分が黒くなってしまうため永久歯では利用しにくいのですが、
これは濃度の濃いフッ素を使って歯を黒くせずに虫歯の進行をとめることができ、永久歯にも活用できます。
又、乳幼児でカリエスリスクの高い子供に対しては、年2回のカウンセリングと塗布で虫歯予防に有意の差が出るといわれており、
また
スウェーデンではカリエスリスクの高い学童期の子供には、Duraphatの定期的な塗布が行われています。
現在、日本では未発売のため、私の医院では代理店より直接輸入しております。
初期のむし歯で、歯の表面が白濁していたり生えはじめの永久歯などには特に効果的です。

虫歯の心配のあるお子さんを持つ保護者の方は、ご相談ください。


史歯科